稲葉歯科医院 院長ブログ 千代田区 末広町 顎関節症 入れ歯 リーゲルテレスコープ 矯正:千代田区外神田で歯科医院を開業している院長稲葉由里子が日々の診療への思いや雑感を語ります。

Home > インプラント

先進歯科画像研究会 第1回学術講演会に参加しました♪

週末もお天気に恵まれましたね♪

昨日、父と一緒に「先進歯科画像研究会」第1回学術講演会に参加しました。

IMG_7318.JPG

半年ぐらい前から、こちらの研究会に参加したいと父から聞いており、父にしては珍しい事なので、私も興味が湧き一緒に申し込みをさせていただきました♪

IMG_7321.JPG

平成24年の保険導入による歯科用CTの普及に伴い、インプラントや顎関節症を中心に、これら先進画像機器を応用する先生は増加傾向だそうです。

IMG_7325.JPG

それぞれの先生方のご講演、大変素晴らしいと思いました。

ドイツのIDSや先日スイスで開催されたITI symposium でもご一緒させていただいた、梅原先生の講演もとても楽しかったです。

CBCTを用いたデジタルワークフロー、ディグマと、バーチャルを連動させたり、総義歯におけるニュートラルゾーンの再現などを見せていただきました。

IPSGでもぜひお話しいただきたいと思いました。

自分のセミナーでも居眠りをしている父が。

なんと、終始目をパッチリさせてメモを取っているのでビックリしました。

IMG_7326.JPG

懇親会にも参加させて頂きました。

今回、この学術講演会に参加させていただいた目的の一つは、先進歯科画像研究会代表である、日本大学松戸歯学部放射線学講座の金田隆教授とお会いするためでもありました。

CTやMRIなどの先進画像モダリティやデジタルワークフロー、そして画像診断、読影に関して、大変深い知識をお持ちの先生です。

父は、どうしても金田先生に、IPSGの学術大会でお話をいただきたいという事でお願いさせていただきました。

お忙しい方ですのに、快くお引き受け頂き、大変光栄に思います。

40代以上の開業医の先生方は学生時代にCTの原理や特徴、読影をほとんど学んでいない状況です。

今後デジタル化の普及にとても大切な知識となると思います。

IPSG学術大会、ぜひ楽しみにしていてくださいね!

12月17日(日)はカレンダーに丸をつけておいてください^_−☆

IMG_7327.JPG

まさか、父も挨拶をすることになるとは・・・

「私は今年77歳となりましたが、私はデジタルや画像診断のような技術にとても興味があるので、これから始めたいと思い、参加させて頂きました。先進歯科画像研究会の発足、第一回の学術講演会に参加させて頂き大変光栄です。 私は30年ほど前に老年歯科学会の立ち上げをしましたが、現在は会員3.000名となりました。金田先生が率いる、この学会も将来大きくなることを目指して頑張ってください。」

とのことでした。

77歳である父が、これから新しい事を学びたいという気持ちが凄いと思いました。

来年の学術大会の予定をカレンダーに書いていただけでなく、認定医試験の日にちにも丸をしていたので相当真剣だと思いました。

私も見習いたいと思います。

懇親会では、日本歯科大学の先輩方も沢山いらっしゃってとても楽しい時間を過ごすことができました。

2017年7月24日 | トラックバック (0)

人生の幸福度曲線

ITI World Symposium3日目...

最終日となりました。

ジュネーブ大学老人歯科学教授のFrauke Mueller先生のお話しを聞かせて頂くのを楽しみにしていました。

テーマは"Treating elderly implant patients"

「高齢者へのインプラント治療」

IMG_6076.jpg

現在、毎年1.800 万本のインプラントが埋入されています。

しかし、大変注意深く考えないといけません。

人口の14パーセントに達するとその国は高齢化が始まったと言われ、20パーセントに達すると高齢化の化が取れ、高齢社会になります。
25パーセントに達するとその国は超高齢社会と言われますが現在の日本は、超高齢社会に突入しました。

2015年 高齢者の割合が30%を超えている国が濃い赤となっていますが、日本はすでに赤く染まっています。

2050年 世界人口の18%が65歳以上となると予測しています。

IMG_6080.jpg

世界的に、インプラント治療は固定性補綴に向かっていますが、20年後30年後のインプラントの状態はどうなっているのか予測する必要があります。

加齢によって、様々な生理学な変化が起こり次第に、歯科の先生は患者様にとってより近いパートナーとなるでしょう。

IMG_6081.jpg

ちょっと画像がはっきりしないのですが、私がとても驚いたのは、こちらのグラフ。

スイス人の年齢に伴う幸福度。

50歳が一番下の方なのですが、その後年齢を重ねると共に上昇し、80歳の幸福度は18歳の時代を超えています。

日本の幸福度曲線はどうなのかな。

と思いましたが、年を重ねる事で幸福になるって素晴らしいと思いませんか?

私達歯科関係者は、高齢者の幸福の一部を担っていると感じます。

IMG_6084.jpg

高齢者はインプラント治療ができるか。

ということですが、答えはイエス。健康な方や、全身疾患がコントロールできている方はインプラント治療が可能です。

しかし、高齢者は新しい状況に適応することが難しく、認識しているけれど理解しているとは限らない場合も多くあります。

老人ホームではインプラントのメンテナンスができないかもしれません。

IMG_6101.jpg

また、長時間の治療にも絶える事ができないかもしれまえん。

誤嚥性肺炎、局所麻酔の使用量の限界。カンジダや口腔乾燥症に関しては筋肉のトレーニングも必要となります。

IMG_6099.jpg

高齢者においては、義歯をできるだけかえずに、修理をして使える様なものをおすすめします。

取り外しができる義歯とインプラント。

最終的には、ボールアタッチメントにすると、高齢者が取り外しが容易です。

IMG_6103.jpg

こうした、固定性のワンピースのインプラントではマネージメントが難しいです。

万が一、固定性で清掃性が悪いインプラントが入っている場合は、患者さんとの連絡を取り続けることが大切。

義歯の具合がどうか、常に連絡をとる必要があるでしょう。とおっしゃっていました。

IMG_6104.jpg

独立性、手の器用さも失って行く可能性があります。

確かに。

リーゲルテレスコープも同様に、患者様が取外すことが難しくなる可能性があるので、やはりメンテナンスにしばらく訪れていない患者様に対してはこちらから連絡をするなどのアプローチが必要だなと思いました。

この辺りの話題は、私にも理解することができるので、大変勉強となりました。

歯科医学は保存、補綴、矯正、口腔外科等に細分化され、人間を細分化して考えてしまいがちですが、高齢者の場合には一人の人間として総合的に見なければいけないと感じました。

最後に。

ITI World Symposium を一緒に過ごした、笠貫先生、奥山先生と美味しいスイス料理とワインを頂きながら、今回の収穫について話し合いました。

大満足でした♪

沢山の著名なインプラントの先生方ともお知り合いになることができましたし、教えて頂く事もできました。

IMG_6131.jpg

明日、奥山先生はフランスへ、笠貫先生は帰国。そして私は、チューリッヒに住んでいる友人宅を尋ねます。

また、日本に帰って集まろうね(^_<)-☆

2017年5月 7日 | トラックバック (0)

We rock the party...

ITI World symposium 2日目の夜、スポンサーであるStraumann が主催するパーティーが開かれました。

IMG_6003.jpg

お友達の奥山先生、笠貫先生と一緒です(^_^)

IMG_5994.jpg

テーマは、We rock the party...

ドレスコードは、ロックな服装。笑

IMG_6009.jpg

先ほどまで、シンポジウムに参加していた歯科医師だとは思えないほど、皆ドレスアップしています☆

IMG_6016.jpg

ストローマンの社長からの挨拶は、スティーブジョブズ状態でした。

IMG_6025.jpg

もの凄い豪華なエキシビション。

IMG_6034.jpg

ディジュリドゥによる演奏も盛り上がりました♪

IMG_6046.jpg

やはり皆、ダンスが好きですね!

こうしたパーティーがあるから、3日間一生懸命勉強できるのだと思います(^_<)-☆

明日も1日、充実したシンポジウムとなりますように。

ロックな夜でした♪

2017年5月 6日 | トラックバック (0)

ITI World Symposyum2日目〜その2〜

ITI World Symposyum〜その1〜

に引き続き、やはり無歯顎の患者様に対してデジタルやCAD/CAMはどこまで進んでいるのかは気になるところです。

IMG_5968.jpg

"Digital Management of Edentulous Patients"

IMG_5969.jpg

昨今、デジタルによる総義歯の製作が話題となっています。

今後、使いやすく価格的にも安くなれば沢山の方に受け入れられるでしょう。

デジタルが進んだ事で、患者様に自由にデザインを提案することができます。

IMG_5971.jpg

診断において、2次元の診断は総義歯において重要です。

IMG_5972.jpg

インプラントを行う上では3次元の診断は必須となります。

講演をされたドクターはアメリカ人。

意外なのですが、アメリカでは重篤な患者様が沢山いるとのこと。なぜなら、歯科に保険が効かないために治療に行かない方が相当数いるからだそうです。

IMG_5975.jpg

先生のお考えによると、現時点で無歯顎におけるデジタル印象は難しいとのことです。

ボーダーなどの粘膜の移行部は筋肉の状態も関与するためです。

これまで通り、普通に印象を採り、その後はバーチャルで行う事ができますが、フルデジタルは無歯顎においては、まだ難しいとおっしゃっていました。

従来の重合に比べて、収縮や気泡が入らずにできるところが素晴らしいと思います。

IMG_5981.jpg

人工歯排列も完全デジタルはまだ難しいです。

もちろん、バーチャルで人工歯排列はできますが、試適はワックスで行った方がクオリティーが高いでしょう。

IMG_5984.jpg

インプラントの維持装置に関しても、固定式のワンピースは、デジタルで行うのは難しいので、従来の技術が勝るとおっしゃっていました。

粘膜負担の無歯顎においては今後の可能性が期待されます。

明日も1日シンポジウムがありますが、私がこれまで感じた事は、デジタルやバーチャルが急速に進んでいるとしても、最終的に必要なのは私達が培ってきた、これまでの知識だと思います。

これら便利なツールを患者様の口腔内に適合させるのは、歯科医師、歯科技工士しかできません。

そもそも、薬事の問題もありしばらくは日本に導入されることはないでしょう。

現状、私達が提供している、最善の技術をそのまま信じて頑張れば良いのだということを確信しました。

義歯において、材料や方法に大きな変革があったとしても、患者様の残存歯の状態を見極めて設計するのは、先生方それぞれの考えによります。

粘膜負担のパーシャルデンチャー、総義歯において、これまで通りの方法で行っていて何ら問題はありません。

ドイツやスイスのラボにはこうしたデジタル、バーチャルの機械が取入れられますが、日本においてはどうでしょうか。

薬事の認可が降りないということもありますが、これだけ価格の高い機械を一体誰が取入れる事ができるのでしょうか。

大手のラボということになるかもしれませんが、やはり日本のラボの経営の向上が計られないと良い機械も導入できないと思います。

日本では、テレスコープやインプラントの上部構造において、コバルトクロムを加工するCAD/CAMが導入されることが一刻もはやく必要です。

ゴールドの鋳造とは違い、コバルトの鋳造は非常に大変です。そして、細部の加工には、放電加工術が欲しいところです。

ラボが導入できないと、歯科医院に提供できません。

歯科医院で放電加工機を使う事はないですから。

全顎の鋳造がどれほど大変かはドクターにはなかなか理解できません。もちろん、私もわかりませんでした。

何度も失敗し、全顎のワックスアップからやり直しているのをずっと見ています。

これまでの目標、夢をあきらめずに、Weber dental labor はコバルトクロムの加工術を取入れられるように頑張りたいって思いました。

2017年5月 6日 | トラックバック (0)

ITI World Symposyum2日目〜その1〜

ITI World Symposyum2日目...

真剣に聞きすぎると、あまりにも新しい刺激があるので、軽くぐったりするほどです。

いくつか、気になった講演をお伝えしたいと思います♪

IMG_5896.JPG

Geneva大学の補綴科教授で、メディカルとのダブルライセンスを持っていらっしゃるIrena Sailer教授のお話がとても印象的でした。

まだお若い女性の教授で、ドイツチュービンゲン大学にて、Removable Prosthodontic、取り外しができる補綴テレスコープを学ばれたと紹介にあったからです。

IMG_5897.JPG

パラダイムシフトがデジタル化で起こり、新しいオプションが沢山でています。

バーチャルな計画、ミリングマシーン、3Dプリンターでトランスファー・・・

歯のサイズや見え方、雰囲気をバーチャルでデザインすることも可能です。

そして、最終的な出来上がりをテクニシャンにコピーペーストするというのです。

効率性、コスト、質を上げる事が、デジタルやCAD/CAMによってできるようになりました。

IMG_5898.JPG

生物学的側面が重要であることは言う迄もありません。

新しい材料がしっかりと機能するかどうか。生体親和性があるかどうか。

IMG_5899.JPG

私は、インプラントの素材について詳しくないのですが、将来的にオキサイドセラミックという酸素化合物からなる新しいセラミックなども使われるようです。

IMG_5902.JPG

新しい材料の成績は、まだ情報がないのでわからないそうですが、やはりLongevityをだすことがとても大切なことだとおっしゃっていました。

チッピングだけの問題ではなく、咬合圧の荷重や環境、沢山のファクターが関わってきます。

そして何よりも「咬合」が非常に重要なファクターになることは、従来通り変わりません。

と言う事でした。

IMG_5903.JPG

Esthetics...

はじめて見て、これはいいなと思ったのがピンクベニアのインプラント

テレスコープでも外冠のマージン部をレジンでピンク色に前装することがあるのですが、もしこれが内冠でできたら・・・

しかし実現できるとしても、まだまだ難しいですね。

メタルアバットメントは歯肉の着色が問題となることがありますが、ジルコニアは虚血状態になったりするのでベストというわけではないとおっしゃていました。

IMG_5904.JPG

こちらは、バーチャルで患者様に口の中を見て頂いてるところです。

すっ凄いですね!!

とにかく、大変やり手の女性ドクターがカッコ良すぎて尊敬の眼差しでした。

IMG_5907.jpg

講演の中で、チタンに変わる材料、ジルコニアについてのお話をよく耳にしました。

ジルコニウムとジルコニアは違うそうです。

ジルコニウムは金属で、ジルコニアは金属ではないということ・・・

IMG_5906.jpg

しかし、まだまだ臨床データが少ないので、実験も必要です。

IMG_5907.jpg

最近のジルコニアインプラントの表面は、チタンと類似しています。

チタンとジルコニアインプラント、豚で実験しても組織形態学的に優位差は認められなかったとおっしゃっていました。

とても類似したオステオインテグレーションが得られるそうです。

IMG_5908.jpg

結論として、チタンとジルコニアに優位差はなく、今後セラミックインプラントの感心は高まり、ゲームチェンジャーともなり得るそうです。

ITI World Symposyum2日目〜その2〜に続きます♪

2017年5月 5日 | トラックバック (0)

ITI World Symposium at Basel!

ITI World Symposium at Basel!

IMG_5847.jpg

今回のテーマは

"Key factor for long-term sccess"「長期成功のためのキーファクター」

3日間を通して、インプラント歯学の様々な分野に関する「鍵」を勉強します♪

IMG_5848.jpg

絶えず知識を高め、治療スキルを広げたいというニーズは、インプラントもテレスコープも全ての歯科治療に共通すると思います。

IMG_5852.jpg

やはり、3Dデジタルを応用したインプラントが大半を占め、その技術は加速度的に上がっています。

IMG_5854.jpg

上部構造をどのような材料を使い、連結させ歪みを逃がすのかは、テレスコープ技工においても共通するところなので、興味深く聞かせて頂きました。

IMG_5855.jpg

4.000名もの参加人数、その中の250名が日本人。

という大きな規模のコーヒーブレイクやランチなのですが、きちんとガラスの食器を使って非常にスムーズで、しかも美味しい(^_<)-☆

IMG_5862.jpg

私ならどうする?

という視点を一回外さないと、なかなか受け入れられません・・・

インプラントにおいても一生持つということはなく、生涯の中で何度かリニューアルをする必要があります。

それは、長期症例が沢山あるテレスコープも同様です。

患者様の10年後、20年後の状態はある程度予測できても、それは誰にもわからないからです。

IMG_5867.jpg

会場は、とにかくお洒落。

こういう、無駄に大きなオブジェが沢山あります。笑

IMG_5874.jpg

今晩は、Straumann Japan Night が開催されます。

その前に、3shape のデモンストレーションを勉強させていただきました。

審美の分析も、すべてデジタルで行われます。

それも、一瞬で!!

IMG_5875.jpg

Let's change dentistry together

時代の波を受け入れる事は大切です。そして、基礎は今迄培って来た知識なので、しっかり見極めながら、上手に使えると良いですね。

IMG_5882.jpg

Partyは、宿泊しているホテルにて。

ピンチョスがかわいい♪

IMG_5884.jpg

沢山の著名な先生方が集まり、交流をさせていただきました。

特に今回は私はWeber dental labor の名刺を持って行き、私と2人の技工士の取り組みを沢山の先生にお伝えしました。

インプラント技工について、技工料金について、これから求められる技工士について、様々な意見を頂き、本当に参考になりました。

そして、応援をしていただきました。

FullSizeRender.jpg

植松先生ご夫妻。

以前、ワシントンDCで開催されたAAEDでお知り合いになりました。

とっても素敵な先生、そして奥様です♪

Party 終了後、植松先生ご夫妻、他にも愉快な先生方と2次会へ(^_<)-☆

IMG_5893.jpgIMG_5894.jpg

今が旬の、シュパーゲルとスープをご馳走になりました。

海外だからこそ、お近づきになったり仲良しになる先生方は大切だと思います。

とても楽しい時間でした(^_<)-☆

明日は、朝8時からシンポジウムです♪

2017年5月 5日 | トラックバック (0)

Entry Tag

Entries

Archives


千代田区・秋葉原の歯医者 稲葉歯科医院
hplink.gi

テレスコープ専門歯科技工所 Weber dental labor
テレスコープ専門歯科技工所 Weber dental labor

総入れ歯・部分入れ歯専門サイト
rink-ireba.jpg

歯科医療を語るブログ
shigelog.jpg

最善の歯科医療を目指すスタディグループ
ipsg.jpg

スタディグループIPSG
メルマガ申込はこちら

ipsg_logo2.png

稲葉由里子院長Facebookページ
facebook.jpg