テレスコープシステム価格について

テレスコープシステム価格について

こんにちは。

Weber dental labor 稲葉由里子です。

今日ご紹介させていただく方は、歯周病により前歯部がフローアウト、叢生もあり、審美的な問題に悩んでいらっしゃる患者様でした。

臼歯部の歯の欠損があり、今後歯の喪失が進んで行く事を心配され、稲葉歯科医院にご相談にみえました。

支台歯は方向性の問題、審美性の問題などがあり前歯部は抜髄。

小臼歯部は生活歯となっています。

事前に本印象を採る前に、方向性チェックをラボでお願いしました。

IMG_7141.jpg

次のステップ、内冠の試適と外冠の印象するためのアイテムが届きました。

技工をお願いさせていただいたのは、田島デンタルラボラトリー、田島慶二さん。

大変素晴らしい技術をお持ちの方です。

IMG_7144.jpg

左上7を除いてすべて連結です。

IMG_7145.jpg

これだけ大きなケースを鋳造できる技術が素晴らしいと思います。

鋳造を失敗すると、また一からワックスアップですから・・・

技工士は、何度も何度もやり直しをすることもあるのです。

鋳造が成功しても、果たして口腔内で適合できるのか心配なところです。

IMG_7246.jpg

凄い。

入りました!適合もバッチリです。

田島さんの技術力ですね。

IMG_7245.jpg

支台歯を連結することで、歯周病における歯の動揺を防止します。

IMG_7255.jpg

オクルーザルコアで、内冠の位置関係をしっかりと記録します。

IMG_7260.jpg

そして、個人トレーによる取り込み印象です。

IMG_7261.jpg

バイトとフェイスボートランスファーも一緒にラボに送り返します。

次回は、外冠の試適となります(^_<)-☆

見ていただくとお分かりの通り、かなりのグラムのゴールドを使います。

体に安全で、精度の高い金属を用いていますが、全顎のテレスコープに使用するゴールドは、50g近くとなります。

ゴールド代だけでも相当費用がかかります。

これだけ精巧な技工費用、そして先生方の技術料などを含めると、患者様に提供する価格は少なくとも300万円以上はかかります。

高い。

と思われるかもしれませんが、私達がこの技術を習得するために、沢山の時間と努力を費やしてきたこと、患者様はご自身の歯を守るために理解してくださるはずです。

一生懸命がんばったけれども、技工料、材料代などでトントンで、再製などもあった場合、結局利益どころか損してしまったということはよくあることです。

しかし、それでは今後に投資ができませんし、患者様のメンテナンスまで回りません。

インプラントとのコンビネーションとなるとそれ以上にもなると思いますので、費用面を含めて患者様と相談をし、最善の方法を提案して差し上げてください。