リーゲルテレスコープ17年経過♪

リーゲルテレスコープ17年経過♪

こんにちは。

Weber dental labor 稲葉由里子です。

先日、久しぶりにメンテナンスにいらっしゃった方がいらっしゃったのでご紹介させていただきたいと思います。

患者様は香川県にお住まいなので、1年に1度稲葉歯科医院にメンテナンスにいらっしゃり、毎月地元の歯科医院でもメンテナンスを受けていらっしゃいます。

IMG_6093.jpg

平成12年に初診でいらっしゃり、レントゲン写真を見ていただくとお分かりのように、特に上顎が歯周病が進んでいらっしゃいました。

IMG_6090.jpg

残念ながら、右上1番、左側の7.8番はどうしても保存ができなかったため抜歯。

 

IMG_6091.jpg

リーゲルテレスコープで内冠を連結し、外冠を製作して使っていただきました。

右上の2番を孤立させているのは、動揺があり、近い将来保存が難しいだろうと予測して離しておきました。

外冠で一次固定させています。

 

IMG_6092.jpg

こちらは、平成18年の時に写したレントゲン写真。

ほとんど変わりがありません。

リーゲルテレスコープは、内冠を連結することで強い固定効果があります。

たとえば、動揺している歯の隣在歯をT-fix スーパーボンドで固定をすると動揺が緩和されますが、これを内冠で行うと、驚く程の固定力があり、多少揺れている歯も保存することができます。

 

IMG_6097.jpg

こちらが、患者様がとても気に入ってくださっているリーゲルテレスコープ。

 

IMG_6099.jpg

咬合面観です。

リーゲルレバーは、左の6番が将来危ないと思っていたので、鍵を前側に移しました。

 

IMG_6103.jpg

口腔内写真です。

歯肉も綺麗ですし、動揺もありません。

 

IMG_6109.jpg

平成29年のレントゲン写真。

心配していた、左の6番が破折しました。

痛みはないので抜歯を急ぐ必要はありませんが、患者様により長く使って頂くために、次回、床とシュパルテを増設修理をさせていただこうと思います。

患者様は、退職金を使って歯に投資をしたけれども、あの時治療をしていなかったらすべての歯を失っていたと思うとおっしゃっていました。

この歯と共に、最後まで人生を過ごしたいと思うので、由里子先生が提案してくれる修理方法があるのであれば、なんでもお願いしたいとでした。

17年前、私はまだ20代。

「先生、自信満々で薦めてくれましたよ!」

若い私に投資をしてくださった患者様に感謝です(^_<)-☆

更に長く使って頂くために、これからも責任を持って見守っていきたいと思います。