リーゲルテレスコープのセット方法について

NO IMAGE

こんにちは。

Weber dental labor 稲葉由里子です。

IMG_5532.JPG

「ゆりこ先生、先生方からセット方法を聞かれる事が多いので、ブログ記事お願いします!」

ということで、今回は、ご質問の多いリーゲルテレスコープのセット方法についてお伝えしたいと思います。

FullSizeRender 3.jpg

こちらは、次回試適予定の片側リーゲルテレスコープです。

FullSizeRender 5.jpg

セットする際は、外冠にワセリンやココアバターをたっぷりと塗ってください。

大切なのは、レバーにもしっかりと塗っておく事です。

FullSizeRender 2.jpg

まずは、内冠を合着用セメントでセットします。

(セメントの量は、マージン部に一層塗っておくだけで全体に行き渡るので、塗り過ぎないようにしてください。塗りすぎた時は、ガーゼで余剰セメントを除去します。)

そして、ポイントは、この時外冠も同時にセットすることです。

必ず、レバーを閉じてください。

リーゲルテレスコープは非常に精密です。

このセット方法を間違えると、入らなくなってしまうので、セットする前に一度手順を練習すると良いと思います。

内冠を支台歯にセット、外冠をすばやく同時にセット、そしてレバーを締める。

と覚えておいていただければと思います。

咬合調整は、セットの前にしておいた方がいいです。

FullSizeRender 4.jpg

このような大きなケースでも同じようにセットします。

FullSizeRender.jpg

セメントの量に注意をして、衛生士と役割分担を行い冷静に行っていただければ大丈夫です。

この時も必ず同時セット、両方のレバーを締めるのを忘れないでください。

外冠とレバーにワセリンをよく塗ってくださいね。

どちらのケースも石川さんの症例です。

完成まで、もう少し。楽しみです!!