レジリエンツテレスコープ内冠の試適、外冠印象方法について

レジリエンツテレスコープ内冠の試適、外冠印象方法について

こんにちは。

Weber dental labor 稲葉由里子です。

今回は、レジリエンツテレスコープの内冠の試適から外冠の印象方法についてお伝えさせていただきたいと思います。

内冠の印象方法については、シリコン印象、寒天印象どちらでも良いと思います。

バイト、フェイスボートランスファーを行い、ラボに送って頂くと、以下のセットをクリニックにお送りさせて頂きます。

IMG_1894.jpg

内冠は、頬側舌側がわからなくなることがあるので、頬側に印をつけてあります。

特に、下顎の前歯部の場合、形が似ている事が多いため左右逆に入れて印象を採ってしまうことがあるので、要注意です。

ラボサイドでも、間違わないように歯の番号を書いてあるので、参考にしていただければと思います。

IMG_1896.jpg

こちらが、位置関係を正確に記録するために重要なオクルーザルコア。

ラボで製作した内冠の位置関係は、患者様の口腔内の位置関係と正確に再現できていなければ、外冠製作の位置関係が合わなくなります。

これは最終的に義歯が出来上がった時に、位置関係が正しく再現されているかどうかの確認となります。

特にコーヌスクローネにおいては、生命線となるほど大切なものです。

模型上の最終義歯と実際の口腔内が、同じ関係になるように、一体化したオクルーザルコアと称するディバイスを作っておきます。

オクルーザルコアの材料はパターンレジンを使用し、内冠の咬合面より1mm程度の厚みで、補綴物単位で連結したコアを製作しておくものです。

IMG_1900.jpg

バイトは、中心位で記録していただきますが、あらかじめ、このようなフレームがあると便利だと思います。

シリコンバイトは、沈み込みがあるので、正確に記録するのが難しいと思います。

ユージノールペーストでウォッシュしていただくと、カチッと固まるので正確に再現することができます。

IMG_1898.jpg

内冠試適後に外冠製作用模型(situation model)を製作しますが、その時オクルーザルコアで内冠同士を連結固定し、その後個人トレーを用いて全体の印象を取ります。

IMG_1904.jpg

ネジのようなものは、印象しながらフェイスボートランスファーができるという画期的な方法です。

当技工所顧問、稲葉繁先生が開発した方法ですが、大変便利なのでぜひ試してみてください。

もちろん、普通に支台歯をフェイスボートランスファーしていただいても構いませんが、こちらの方法の方が簡単で正確です。

印象を採る前に、どのような方法で行った方が良いかご相談させて頂きたいと思いますので、どうぞお問い合わせください。

IMG_1907.jpg

このように、印象と同時にフェイスボートランスファーを行います。

IMG_1910.jpg

オクルーザルコアをユージノールペーストでウォッシュし、その上からガンタイプのシリコン印象材、ヘビーボディータイプで内冠のピックアップ印象をしていただきたいと思います。

IMG_1911.jpg

ラボサイドで、印象を注がせていただくので、このままお送りいただければと思います!

IMG_4600.JPG

そして、この時に歯の色や形、大きさ、咬合高径のチェックも行います。

仮義歯が入っていると、基準があるので参考になると思います。

次回、試適が楽しみです♪